World Automatic rainbow pyramid  /Combined pyramid gold grid
World Automatic rainbow pyramid  /Combined pyramid gold grid
World Automatic rainbow pyramid  /Combined pyramid gold grid
World Automatic rainbow pyramid  /Combined pyramid gold grid
World Automatic rainbow pyramid  /Combined pyramid gold grid
マウスで画像を拡大

World Automatic rainbow pyramid /Combined pyramid gold grid

期間限定販売中
¥250,000 -Liquid error (product-price line 26): divided by 0%
91×56×3cm 世界100カ国紙幣、金箔、アクリル、ウッドパネル 2019/08/31 額なし サイン有 瞑想に良く出て来る虹のピラミッドをモチーフにしたAutomaticPainting作品。 紙幣カットは正方形から三角形に変更、地のメディウム色と、AutomaticPaintingによる偶然の神秘性を虹色と金箔で凝縮した。 現代文明はエジプト文明のパワーが基底にあるのは間違いない。高度に洗練された建築美術には現代人類の理解を超えたテクノロジーと思想を感じる。 世界中の紙幣をAutomaticに配置している時、積み上がっていく紙幣が文明の歴史の様に観えた。混ざり合い支え合うピラミッド形状の紙幣は国家同士の貿易や交流の歴史的積み重なりにも観える。虹を想定した紙幣チップの色は、後で彩色したのでは無く、最初に色素材として紙幣と合体させ、それを混ぜて使う手法を初めて試みた作品。 エジプト美術の極彩色の印象が出たのは偶然とはいえ必然的な成り行きとも思えた作品です。 ※本作を発表した2019年個展AutomaticWorld関連TEXTを下記にまとめました。 私が今回取り組んだテーマは紙幣を使ったAutomaticPaintingシリーズを更新する事です。 AutomaticPaintingとは、2016年から始めた、私が考案したコラージュ手法です。同型にカットした紙幣を混ぜて見ないで(素材を見ないで手で掴み)順番に貼っていく事で視覚判断をしない事で生まれる視覚パターンの効果を使う手法です。当初は入手しやすい$紙幣からスタートし、その後世界中の紙幣を使う過程で、100カ国の紙幣を混ぜたWorldAutomaticシリーズに発展しました。 今回は主にこのWorldAutomaticシリーズの視覚効果や造形要素に、絵画のSquare構造から逸脱したオブジェのフレーム構造を、具象(人物や風景)抽象(幾何形態)の両方向で展開を試みました。
¥250,000

人がこの作品を閲覧中です

91×56×3cm

世界100カ国紙幣、金箔、アクリル、ウッドパネル

2019/08/31

額なし

サイン有

瞑想に良く出て来る虹のピラミッドをモチーフにしたAutomaticPainting作品。 紙幣カットは正方形から三角形に変更、地のメディウム色と、AutomaticPaintingによる偶然の神秘性を虹色と金箔で凝縮した。 現代文明はエジプト文明のパワーが基底にあるのは間違いない。高度に洗練された建築美術には現代人類の理解を超えたテクノロジーと思想を感じる。

世界中の紙幣をAutomaticに配置している時、積み上がっていく紙幣が文明の歴史の様に観えた。混ざり合い支え合うピラミッド形状の紙幣は国家同士の貿易や交流の歴史的積み重なりにも観える。虹を想定した紙幣チップの色は、後で彩色したのでは無く、最初に色素材として紙幣と合体させ、それを混ぜて使う手法を初めて試みた作品。 エジプト美術の極彩色の印象が出たのは偶然とはいえ必然的な成り行きとも思えた作品です。

※本作を発表した2019年個展AutomaticWorld関連TEXTを下記にまとめました。 私が今回取り組んだテーマは紙幣を使ったAutomaticPaintingシリーズを更新する事です。 AutomaticPaintingとは、2016年から始めた、私が考案したコラージュ手法です。同型にカットした紙幣を混ぜて見ないで(素材を見ないで手で掴み)順番に貼っていく事で視覚判断をしない事で生まれる視覚パターンの効果を使う手法です。当初は入手しやすい$紙幣からスタートし、その後世界中の紙幣を使う過程で、100カ国の紙幣を混ぜたWorldAutomaticシリーズに発展しました。 今回は主にこのWorldAutomaticシリーズの視覚効果や造形要素に、絵画のSquare構造から逸脱したオブジェのフレーム構造を、具象(人物や風景)抽象(幾何形態)の両方向で展開を試みました。

表示を増やす
表示を減らす

お客様の声

通院にも楽しさを。+αのコミュニケーションを心がけて。

高柳矯正歯科クリニック 高柳院長

表参道駅徒歩1分の場所にある表参道高柳矯正歯科の院長である高柳先生。元々物作りや職人の世界が好きだったと話し、あるきっかけで矯正歯科医への道へと進みました。院内にはアート作品が展示され、空間やコミュニケーションにも注力されています。今回OruFunの作品を購入するまでのいきさつや、矯正歯科医としてのアートとの関係などお伺いしました。
お客様の声を読む
b

ご登録ありがとうございます

スタッフに相談する