IDEA Blue veil   

TARTAROS JAPAN

通常価格 ¥360,000

130×80×3cm

油彩、アクリル、キャンバス

2019/12/31

額なし

サイン有

IDEAシリーズ2枚目の絵、 この作品も光る瀧の瞑想から着想し、オーロラの写真を見て瞑想状態を思いだしつつ、現れて来た画面を受容する過程で完成した絵です。 IDEAシリーズ制作過程で参照した画家の一人に アメリカ抽象表現主義の画家モーリスルイスMorris louis がいます。 彼は狭い自宅の台所で妻が出勤中に台所より大きなキャンバスに描いて、その制作現場を見た者は居ないミステリアスな画家です。 日本では村上春樹の小説の装幀画でも有名です。透明なアクリル絵具を流し込む様に滲ませた不穏で繊細さとダイナミックさを持つ精神性の深い絵画。 「描く時に何処で止めるかが重要だ」という彼の言葉が特に印象に残り、制作中に念頭に置いてIDEAシリーズを描きました。 IDEA Blue veil は描き過ぎた層を一度全部洗い流して、もう一度調整して完成。 この景色は惑星の様でもあり、光る波の様でもあり、何処かわからない場所の感覚が瞑想的です。